代表的なお米の種類と特徴を知っておこう!

おにぎり

お米と一口に言ってもいろいろなお米があります。お米は日本人の主食ですので、やはり代表的なお米の種類と特徴くらいは知っておきたいものです。ここでは、代表的なお米の種類と特徴についてご紹介していきたいと思います。

【コシヒカリ】

まずはお米の中でももっとも有名であろうコシヒカリです。発祥の地は福井県なのですが、現在では日本全国で栽培されており、本当に全国各地で見られる人気のお米です。コシヒカリの特徴はやはりそのおいしさです。おいしいコシヒカリだからこそ、そのおいしさを活かして新しい品種が続々と作られています。

お米というとそこまで味がしないようなイメージがあるかもしれませんが、コシヒカリはその強いうまみが魅力になっています。口の中でお米がかなり主張をするのですが、それゆえに味付けが濃いめのお料理と合わせるとよりいっそうおいしくいただくことができます。おいしい上に炊き上がったときのお米の美しさもあり、まさにパーエフェクトなお米と言えるでしょう。

【あきたこまち】

歴史の教科書でも登場する世界三大美人の小野小町にちなんで名づけられたのがあきたこまちです。名前の通り、秋田県で開発されたお米になります。日本を代表するお米であると同時に、秋田県を代表するお米でもあります。先ではコシヒカリについてご紹介しましたが、あきたこまちはコシヒカリから生まれたお米のひとつです。

コシヒカリから生まれたということもあり、味のほうも文句なしです。コシヒカリほどのガツンとした主張はないものの、香りや食感、うまみなどすべてのバランスが取れています。他のお米と比べると水分含有量が多いため、冷めても美味しいお米として知られています。どちらかというとあっさり系のお米なので、薄味の料理との相性がいいです。特に、和食との相性はバッチリです。味付けの濃い丼ものでもいけるので、使いやすいお米とも言えるでしょう。

【ひとめぼれ】

ひとめぼれもコシヒカリから生まれたお米で、宮城県で開発されました。おいしく寒さに強いのが特徴です。コシヒカリから生まれたということで味のほうはもちろんですが、寒さに強く、栽培が比較的簡単となっているので幅広い地域で栽培されています。「ひとめぼれ」という名前の通り、愛されるようなお米に仕上がっています。

コシヒカリのようにガツンとした主張があるわけではないのですが、かといってあっさり系でもないという何ともマイルドな味わいを楽しむことができます。バランスがよく、口当たりが優しいのでご高齢の方にも喜ばれているようです。バランスがよくマイルドだからこそ、薄味でも濃いめの味付けでも相性がバッチリです。ただ、炊き上がりは柔らかい感じになりますので、カレーなどにはあまり向かないかもしれません。

【ヒノヒカリ】

ヒノヒカリのお父さんは「コシヒカリ」、お母さんは「黄金晴」です。九州地方を表す「日」とお米の光る様子の「ヒカリ」でヒノヒカリとなりました。九州で生まれたということもあり、九州の飲食店ではヒノヒカリを使っているところがかなり目立ちます。

他のお米と比べると小粒なのが特徴なのですが、その分、厚みがあります。小粒だと食べ応えがないのではないかと思われがちですが、しっかりとした食べ応えがあります。コシヒカリ譲りのおいしさがあるのにも関わらず、ヒノヒカリのほうがお安いということもあり、特に飲食店では重宝されているようです。

ヒノヒカリは合わせるものによって、炊き方を変えるのがおすすめです。薄味のものと合わせたいときには水を多めに、チャーハンやカレーなどある程度かためで炊きたいときには水を少なめにするといいでしょう。水気があってもべちゃっとつぶれることがあまりないので、丼ものなどにもおすすめです。

【ミルキークイーン】

ミルキークイーンは、コシヒカリの突然変異として誕生しました。一般的なうるち米よりももち米に近いので、もち米のような弾力や食感を楽しむことができます。最近ではダイエットに冷ご飯がいいということもあり、冷ご飯が注目を集めています。そういった中で、冷めてもおいしいミルキークイーンというのは重宝されるでしょう。炊き立てがおいしいのは当たり前で、その上、冷めてもおいしいのですからまさに死角なしのお米です。

粘り気が強く、もちもちとしていますので、おにぎりなどにするとかなり食べ応えがあります。冷めてもおいしいので、おにぎりだけではなく、お弁当などにも使いやすいです。ただ、米同士がくっつきやすいこともあり、チャーハンなどのパラパラ感が求められるものには向きません。ミルキークイーンはもち米に近いという部分でインパクトはあるものの、今の時代、もっとも使いやすいお米と言えるかもしれません。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

CAPTCHA