【危険】糖質制限で老化が早まる!?お米に含まれている栄養素とは?

ダイエット

日本人の主食であるお米なのですが、日々の食生活で栄養バランスを考えるときにお米の栄養素を計算し、気にかけている方はあまりいないのではないでしょうか?実際に、「お米にはあまり栄養素が含まれていない」「お米はただの炭水化物」と思われてしまいがちです。ただ、お米には思っている以上に栄養素が含まれています。ここでは、お米に含まれている栄養素とここ最近で流行っている炭水化物ダイエットの危険性についてお話ししていきたいと思います。

お米に含まれている栄養素について

まず、お米に含まれている栄養素についてです。先でもお話ししましたように、お米というのはあまり栄養素が含まれていないものと思われがちです。しかしながら、たったお茶碗1杯のお米であっても思っている以上にいろいろな栄養素が含まれているものなのです。

文部科学省「五訂日本食品標準成分表」によるとお茶碗1杯のお米には、以下のような栄養素が含まれているそうです。

炭水化物:55.7g
たんぱく質:3.8g
脂質:0.5g
ビタミンB1:0.03㎎
ビタミンB2:0.02㎎
カルシウム:5㎎
マグネシウム:11㎎
鉄:0.2mg
食物繊維:0.5g
亜鉛:0.9㎎

【炭水化物】
炭水化物というと「ダイエットの敵」と思われてしまいがちなのですが、炭水化物は体と脳を活発にさせるためには欠かすことのできないものです。パワーの源となるエネルギーと言えるでしょう。

【たんぱく質】
最近では筋肉をつけるためにたんぱく質を意識して摂取しているという方も多いでしょう。たんぱく質は筋肉だけではなく、髪の毛から爪まで体のありとあらゆる細胞を作るのに必要なものです。

【脂質】
意外なことに、お米には脂質も含まれています。脂質も嫌われがちなのですが、脂質は効率的なエネルギー源であると同時に体の細胞作りには欠かすことのできないものです。

【ビタミンB1】
ビタミンB1 は疲労回復に効果的です。体の調子を整えてくれるので、健康的な毎日を支えてくれます。

【ビタミンB2】
ビタミンB2 は美肌に効果的な栄養素です。ビタミンB1と同じように体の調子を整えてくれるので、美容と健康を支えてくれます。

【カルシウム】
ご存知のようにカルシウムは、丈夫な骨や歯を作るのに欠かすことのできない栄養素です。丈夫な骨や歯を作ってくれるだけではなく、気持ちを落ち着かせるなど精神的な面でも活躍してくれます。

【マグネシウム】
マグネシウムは骨や歯の発育、強化といったものをサポートしてくれます。神経の興奮を抑制し、血圧の維持などにも役立っています。

【鉄】
鉄分が不足すると貧血を起こしてしまうことはよく知られていますが、鉄分を摂取することによって十分な血液が作られ、体の隅々にまで酸素を運ぶことができるのです。美容でも健康でも重要になってくる代謝に深く関係してくる栄養素です。

【食物繊維】
お通じ改善のイメージがある食物繊維ですが、実際にお腹の調子を整えてくれます。最近では自然な排泄を促すために高齢の方にお粥ではなく、あえてご飯粒を食べさせるようにしているというところも出てきているようです。

【亜鉛】
亜鉛は皮膚や骨格の成長、維持に欠かすことのできない栄養素です。男性のための栄養素というイメージがあるかもしれませんが、酵素を活性化させてくれる亜鉛は性別や年齢に関係なく必要となってくる栄養素です。

流行りの炭水化物ダイエットに潜む危険性

最近では炭水化物ダイエットが流行っており、実践しているという方も多いかと思います。多くの方が炭水化物ダイエットの際にはお米を控えるようにするかと思うのですが、冷静に考えてみると古来よりの主食を控えることになりますのでやはり何かしらの影響はあるものです。

実は、炭水化物の量を制限する糖質制限食に関するマウスでの試験というものがおこなわれています。一般的な食事のマウスは平均寿命よりも長生きしたものの、糖質制限食のマウスは平均寿命まで生きられなかった個体が多かったそうです。この結果から、東北大学大学院は人間においても炭水化物の量を制限する糖質制限食だと60歳後半で老化のスピードが早くなり、平均寿命はもちろん、見た目にも老化現象が顕著になるという結論を出しました。
多くの方が美容や健康のために炭水化物ダイエットをしているかと思うのですが、実は極端な炭水化物ダイエットによって美容も健康も遠のいているという危険性もあるのです。注意しておきましょう。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

CAPTCHA