自然薯の育て方・栽培方法まとめ【年間作業日記】

種いもの準備

自然薯種いも

自然薯

自然薯種芋

自然薯種芋

自然薯種芋

自然薯種芋

自然薯種芋

自然薯種芋

自然薯種芋

自然薯種芋

3/14 今年から自然薯栽培に挑戦します。

自然薯(じねんじょ)とは、山林に自生する野生の芋類で、40年ほど前からパイプに添うように定植し、真っ直ぐで綺麗なものを畑で栽培する技術が普及しています。

近所にも自然薯栽培に挑戦した農家さん方がおられ、非常に難しいとのお声を頂きましたが、自分でやってみないことにはわかりません。人生とはリスクですから笑

早速、届いた種芋を以下の手順で処理しました。

1.晴天の2月〜3月に60グラムで切れ目を入れ、手で折る。繊維を壊さないため。

2.ベルクートフロアブル200倍、またはベンレートT水和剤100倍に10分浸す。

3.水分が残っている状態で消石灰を切口に付ける。

4.乾燥後、余分な石灰をブロアーで飛ばす。

5.僅かに湿らせたバーミキュライトを育苗箱に敷き、切芋を並べる。首に近いほど発芽が早いため、部位を揃えて並べる。(10〜15日差がある)

6.種芋が隠れる程度にバーミキュライトをかけ20〜25度に加温。5〜7日に1回水やり。

7.25度で1ヶ月、無加温で2ヶ月かかる。育苗箱の底から出てくる根をよく観察し、細かい水管理で発芽時の焼けに注意する。(25度を超える日の11時には軽く水をやり温度を下げる)

8.床から芽が10本前後出た時期に定植する。その際、外気温で3〜5日慣らし、芽の成長を確認する。

9.定植時にはできるだけ種芋を空気にふれされせず、乾燥をさける。

これからは種芋の温度と湿度の管理、そして、畑の準備です。芋類ですので、畑の土は痩せていたほうがいいのですが、重要なのは保水力。水はけが良すぎても悪すぎてもいい芋はできませんので、高畝を立てたり、排水を切ったりして調整しようと思っています。

真っ直ぐで綺麗な自然薯がたくさんできますように♪♪

畑にパイプを埋設

自然薯溝掘り

自然薯パイプ

自然薯パイプ埋設

自然薯パイプ埋設

自然薯パイプ埋設

自然薯畝立て

3/25 自然薯の種芋を定植するための畑の準備を行いました。あらかじめ、2月に堆肥を10a当たり2トンまいておいた畑です。

トラクターで出来るだけ深く耕耘し、田んぼの排水処理用の排土板で溝を掘ります。(ユンボーでも可能)深さは20〜30センチ、幅は20センチが目安です。水はけが良い畑の場合は深く、水はけが悪い場合は浅く溝を掘り、調整します。

その後、長さ1.3mの半円状のパイプに真砂土を入れ、(川砂、赤土でもOK)10〜15度の角度を付けて並べていきます。

その際、パイプの直径の幅に合わせて串を刺しておくと、土の重さでパイプの幅が広がらず、並べやすいです。私は100均一で売っていたワイヤーネットを加工して土に突き刺しました。

株間30センチで種芋を定植するため、30センチずつずらしながら、同じ角度で等間隔に並べています。

30センチを90メートル、合計300本のパイプを土中に埋め込みました。

自然薯は、土の密度が高い場所で大きくなる特性があるため、パイプ設置後は強く土を踏み込んでおくことがポイントです。

最後に、定植時の目印にするため、竹串をパイプの中央(株間30センチの中央)に刺し、棒が5センチ見えるほどの高さに畝を作ります。

五島の気候や夏場の気温、降水量で、自然薯の生育は大きく左右されるようです。夏場は出来るだけ涼しく保ち、程よい水分を土中に保っておく必要があります。

まずは種芋の芽出し管理を1ヶ月ほどかけて慎重にやっていくつもりです。

種いもの定植、支柱の設置

自然薯芽出し

自然薯定植

自然薯定植

自然薯支柱設置

5/14

自然薯の芽が綺麗に生えそろったので、あらかじめ専用のパイプを埋めて準備をしておいた畑に種芋を植えました。

乾燥により芽が焼けてしまっていた種芋が何本かありましたが、予定通りに100メートル、300本の自然薯が栽培できそうです。

パイプを埋めた位置を知らせるための竹串を刺しておいたので、その竹串に添わせるようにして種芋を埋めます。15センチほどの深さが目安です。定植後の水やりをお忘れなく♪♪

あとはできるだけ高い畝を作り、自然薯のツルを固定するためのネットを支柱に縛ったら完成です。

雨が少ない真夏の乾燥で自然薯が枯れてしまわないよう、ツルが1メートルほどになったらホワイトマルチか、敷き藁をしておきましょう。

白黒マルチを被覆

自然薯マルチ張り

自然薯つる誘引

自然薯つる誘引

自然薯マルチ

自然薯マルチ

6/18
ほとんどの自然薯のツルが50センチ以上に伸びたので、夏場の乾燥対策のため、白黒マルチを被覆しました。
最近雨が降っていないため、すでに土は乾燥し、カチカチに固まってしまっていましたが、降雨直後の土が湿った状態で耕運機を使い土をほぐしました。梅雨の大雨をパイプの中に入れてはいけないので、この作業は梅雨前に終わらせるようにします。
まず、畝の中心にハウスバンドを2本張り、両端を杭で固定します。そして、白黒マルチの端をハウスバンドに折り込んで30センチ間隔でホチキスで留めます。
最後に、ホチキスで留め終わった2本のハウスバンドを50センチ間隔で縛り、管理機を使ってマルチの端に土を被せ、固定すると完成です。(写真ではガムテープを貼って固定していますが、この方法ではテープが剥がれて止まりませんでした)
他の作物を作る時のように、あらかじめマルチを張っておけばこの作業は不要なのですが、自然薯に過湿は厳禁ですので、出来るだけマルチに穴を開けないように、この方法を採用しています。ただし、台風が来た時には支柱の補強も含めて何かしらの対策が必要になりそうです。

自然薯の葉の最盛期

自然薯つる

8/10

自然薯の葉が綺麗に茂っています。正直ここまで葉が成長するとは思っていなかったため、支柱が重みで曲がり、悲鳴を上げています。来年からはより強固な支柱を組んでおく必要がありそうです。
この見事に生い茂った葉の付け根に「むかご」という直径1センチ程度の丸い実が付くのですが、これは自然薯の種にもなりますし、炊いて食べると素朴な味わいで非常においしい食材です。自然薯の収穫前に感じることのできる秋の訪れです。

台風直撃

自然薯つる黄化

9/7

台風の直撃で、もとより自然薯の葉の重みに悲鳴を上げていた支柱が、倒壊してしまいました。
マルチも所々風に飛ばされ、めくれ上がっていたため、改めて土を被せ、固定しました。
倒れた支柱も元に戻したかったのですが、支柱を戻す際にツルが切れてしまいそうだったため、倒れたまま収穫まで待つことにしました。
畑の見栄えは少し悪くなってしまいましたが、太陽は未だにしっかり自然薯の葉を照らしてくれています。
やはり自然の脅威には敵いませんが、できることをコツコツと地道にやっていくだけです。

待ちに待った収穫作業

自然薯収穫

自然薯収穫

12/1

ツルが完全に黄化して2週間後、晴れの日に収穫しました。時期的には11月下旬から3月上旬までなので、一度に収穫してしまわずとも、注文が入った順に20〜30本ずつ傷つけないよう丁寧に収穫していきます。
写真の通り、初めて栽培した割には、太さ、長さ共に納得のいくサイズの自然薯となりました。
ただし、埋設したパイプを逆走したり、真っ直ぐに育たずに団子の塊のようになった自然薯も多くあったので、やはり適度な湿度に保つことや、夏場に温度を上げすぎないこと、台風に耐えることのできるような強固な支柱を組むことなど、課題はまだまだ山積みでした。
また来年の栽培、収穫を楽しみにしたいと思います。